横須賀終了

今日の14時に終了しました。

この余震の続く中でもお越しくださったお客様方に感謝感謝です。

正直、軟禁状態でした。

横須賀から学芸大学までは、京急⇒東横でつながっているんですが・・・

電車が動かないし・・・

通いでなかったので良かったですが、もし通いだったらって思うと

近くても、ちゃんと近くに宿を取る必要性を感じました。

そうそう。

宮城の親族の安否確認がすべて終了しました。

1名津波に飲まれ、約4km流されたらしいのですが、奇跡的にかすり傷で済んで、TAXIにて帰宅できたそうです。

それでも、まだまだ安否確認ができていない方々も沢山います。

メディアに言いたいことが数点あるのですが、

父親の生存確認ができていない子供に「今一番望むことは?」って質問はどうなんでしょう?

あなた方のヘリコプターの音で「助けて」が聞こえないのをご存知ですか?

何のためのメディアなのかをちょっと勘違いしてるのでは?

そんなことより、生存確認を求めている方々の一言をメディアを通して多くの方々に伝えて、少しでも生存確認の手助けをしたらどうでしょうか?

どこもかしこも同じことを放送するのは果たしてメディアに今求められることなのでしょうか?

1社は原発のことを深く放送

生存確認の手助けを1社

現状の報告を1社

その他のニュースを1社

どこもかしこも同じなのであれば、NHKに放送していただければいいのではないでしょうか?

民法の強みを見せてほしいものです。
[PR]

  by barista-nozaki | 2011-03-16 00:42

<< イタリアフェア日程 横須賀さいか屋 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE