枝野経産相の発言

今までの電気料金が安すぎた・・・

まぁまぁ百歩譲ってそういうことにしよう。
(絶対そんなことはないと思うが・・・)

その今までの電気料金で損益計算したり、色々な予測を立てていた企業は、もしかしたら、電気料金が高かったら起業しなかった人達もいるだろう・・・

今までが間違ってたから価格を上げますって・・・

それによって影響がある人達の人数を考えて話をしているのであろうか?

自分達のポジションが優位に働くようにするために「値上げは当然だ!」みたいな擁護発言はいかがなもんだろうか・・・

勿論電気供給会社に働いている方々の生活も大切だし、保証しなければならないというのはわかる。

しかし、一般企業なんでしょ?

おれら吹けば飛ぶような会社も一般企業でしょ?

俺らにはそんな保証があるのかなぁ?

そんな制度があるなら教えて欲しい。

こんな小さな企業にだって信じて働いてくれている社員がいる。

こう言う逆なでる発言は政治家風に言えば、「遺憾に感じる」でいいのかなぁ

愚痴ってもしょうがないから前向きに仕事していくけど、なんで自分たちを一番に考える政治家がこんなにも多いんだろう・・・

政治家は名誉職として給金0でも仕事をしてくれる人がなって欲しいもんだぁ

まぁ無理かなぁ

こんな時でも、「俺たちの政策が一番だァ」「あの党の政策はどうだぁ」
正直やってくれれば、好きに稼いだっていい(まっとうな方法でね!)

TPPの本当の内容を知っている政治家なんて1割いるのかなぁ・・・

俺だってよくわからん部分多いけどね・・・

でも、あの方々ってプロでしょ?
プロらしい仕事して欲しいなぁ・・・

俺たちもね!!!
[PR]

  by barista-nozaki | 2012-11-30 23:05

<< そろそろセミナー再開したい 明日より大阪守口京阪百貨店イタ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE