2009年 03月 08日 ( 1 )

 

誤認識

セミナーなどを行う仕事をしていると多様な参加者がいらっしゃる。

そして、自分(私)の考えを、誤認識して他者に伝えるべ人やブログに書き込む方がいる。
伝え方がまだまだ甘いのだろうか・・・

たとえば、スペシャルティーコーヒーについてだけど、否定的では決して、ない!

実際、自分自身、スペシャルティーのコーヒーを使って、ブレンドするし、ベストな焼き方に対する考えもあるし、ましてや、ブランドも立ち上げている。
(これに関しては、後日ちゃんとUPする予定)

ただ、スペシャルティーという言葉だけで踊らされてはいけないし、スペシャルティーだけが美味しい豆ではない。スペシャルティーに認定されてないないし、興味のない美味しい豆もあるし、生産者もいるということをいいたい。
何より、本来バリスタって職業は、「抽出することが仕事」であるってことが言いたい。

それが基本にあって、その後に豆焼きに対する拘りなどが存在するってことが言いたいのに・・・


たまたま、親しい人が自分のセミナーの受講者の方のブログをみて、こんなことが書いてあったよ~~
なんて言われて感じたこと。


その一説
どうやら私はこんな人らしい。

「場末の喫茶店のまずいコーラをがばがば飲める人」

私を知っている人は判ってもらえると思うけど、「自分が美味しいと感じないもの」は、極力口にしない。

人生の中の限られた一食が無駄になるから。


またこんなこと書くと、誤解されて書かれちゃうのかな~

とりあえず、他人の決めたスペシャルが自分にとってのスペシャルとは限らないし、嗜好品にうまい不味いってない。
そして良質=美味しいではない。

ミーハーなことも大切なことだけど、それプラス、「自分を持つ」ってことが大事なんじゃないかなって言いたいんだけど・・・

ちょっと愚痴っぽくなったかな
[PR]

  by barista-nozaki | 2009-03-08 04:07

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE