<   2008年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

-6℃

明日よりソウルのCOEX(サムソンドン)にて行われているカフェショーに行きます。

-6℃だそうです・・・

風邪引いてるんですが・・・

大丈夫でしょうか・・・

たぶん大丈夫でしょう!
[PR]

  by barista-nozaki | 2008-11-29 03:00

風邪にはご注意を!

こう見えて割りと体が弱いらしく、よく風邪を引く。
体調管理ができていない自分に反省をしつつ、昨日は久しぶりの休みで、
夕食を作り、20時には就寝。
直っていることを期待していたが、喉が痛く、目覚めてしまった。
今年の風邪rは喉がやられます。
手洗い、うがいを忘れずに!
[PR]

  by barista-nozaki | 2008-11-28 06:47

きっかけ

自分がバリスタになろうと思ったきっかけは、「1杯のエスプレッソ」に出会ったことによって。
昔、ホテルにてサービスの勉強をしながら、バーテンダーの仕事に携わっていた。
(それ以外にも色々してきたけど割愛)
アルコールは好きで興味もあり、なによりかっこよかった。
しかし事情により、さほど飲めるわけでもない。

珈琲は子供のころから近い存在だったが、苦手だった。
イメージが「苦い」
なぜ無理してあんなに苦いものを大人は好んで飲むのか理解できなかった。

しかし、この根岸清氏の入れた「エスプレッソ」
衝撃的だった。

まず砂糖を入れて飲むこと、濃厚な分香りが高く滑らかな舌触りで余韻を引く味わい

今まで苦手と思っていた珈琲を打ち砕いた。

その当時まだSBも日本に参入していなかったし巷には正直、なんちゃってが多かった

日本にバリスタは根岸清氏・当時イタリアにいた横山千尋氏のみだった。

だから、当時は「キャリアも近いんだしこの二人にすぐに追いつきそして追い越してやる!」
という気持ち一心で、毎日にエスプレッソやカプチーノなどの研鑽に勤めた。

(今は追いつくとか、追い越すとかではなくって、両人だけでなく、色々なバリスタ達のいいところを吸収していけばいいと思っている。
※いい意味で捉えて欲しいのだが、所詮は嗜好品。上とか下とか付けれるものではないし人によって一番は違う。であれば、自分のスタイルをちゃんと持って仕事に当たればいい。
勿論自分の入れるカフェや商品は最高のものだという自信はあるが・・・)

そこで本場イタリアのバールに出会い本当にすばらしいカフェは勿論だけど
イタリアのバール文化ということを知り、アルコールやサービスの重要性を理解できたのだと思う。

まだまだ不十分なこともあると思う、自分の伸びシロは自分で決めずに絶えず情報収集
研鑽していく。
[PR]

  by barista-nozaki | 2008-11-26 23:13

ワインバー

先日、取引先の社長であり友人の砂○谷氏と麻布にあるワインバーに行った。
正直堅苦しいのかな・・・って思っていたが、まず一枚板のカウンターがどんと構えていて
温かみがあり居心地がいい。
商売柄、どのタイミングでお酒を勧めてくるのか、どんな切り口でくるのか楽しんでいた。
スタッフの方々はとても雰囲気が読めてスマートな接客だった。
自分の店の接客とは違うものの勉強になった。

食事はフレンチベースとのことだったので、どんな盛り付けでくるかとか、ソースの味はとかいろいろ考えていたが、想像とはいい意味で違い、素材を大切にしたやさしい味だった。

ちなみに、この砂○谷氏とは7歳離れているので、自分から友人というのは少々気が引けた。
しかし、本当か嘘かは本人のみ知るところではあるが、よく「ポン友」といってくださるので、今回初めて「友人」と呼ばせていただいた。
何はともあれ、実際、本当の意味で店や会社のことを考え助言してくれるので兄貴のような存在で心強いところもあるが、それでいて弱い面も見せてくれるので売れ陸もあり、たまに説教することもある。
年の差は勿論あるが(実際はあんまり感じない)、本当の意味で、友人といえる存在。
[PR]

  by barista-nozaki | 2008-11-24 21:12

第四期バリスタスクール終了

今日でスクール第四期生が終了した。
そもそものきっかけが、本当の意味での(本来の意味・・・バール(バンコ)で働く人)の
基本を身につける場所があれば・・・
本気の方にそういった場所を与えることができたら・・・
こういった意味でスタートした。
ゆえに、自分のキャパで、教えられる限界人数が8人と考え、少人数に限って行っている。
今回の方々もそういった気持ちを持った人たちだった。
限られた時間の中でいかに効率よく技術を習得できるか。
またその技術はまだまだ先に続いていて、終わりがなくて、スクール終了が「終わり」ではなくスタートだということを知っていただき、それを現場で生かしていただきたい。
まだまだ自分も成長していかなければいけないし、吸収することはたくさんある。
こういった節目によく考えさせられる・・・
今回は自分の仕事の都合で6ヶ月のところが8ヶ月ほどl掛かってしまった。
それでも自分で伝えたい気持ちが強く結果的に伸びてしまった。

再度カリキュラムを練り直して第五期生を迎え入れたい。
[PR]

  by barista-nozaki | 2008-11-19 01:08

前向きな悩み

催事が終了してひと段落着いた
これなら来期に向けて目標設定を行っていく

実際、学芸大学LoSPAZIOは本当にスタッフの潜在能力が高く毎日頭が下がる
新しく仲間になったキッチンスタッフもみんなに刺激を与えより良い食事の提案をするべく
思索を繰り返す。
それを見たスタッフが意見、提案を繰り返し、バールとして合うと思われる形に変換していく
とても良い流れができている。

バリスタは、ホール内でのお客様の声をいち早く拾おうとサービスの向上を考え、いい意味で
摩擦を繰り返す。

そんな中自分は店舗については、次店の出店を視野に入れ準備をしていきたいと考えていて、
でもこんな良いスタッフをほかの店舗に移動させることはできないと考えている。
しかし、新規のスタッフのみでのスタートしを検討しているが、店舗によって温度差ができるのは避けたい。

出店のタイミングは客観的に見ても来年がベストだと思うが・・・

相互の関係を浴するためによくスタッフを移動することがあるが、自分の考えではこれが一概に良いことだとは考えていない。

勿論、スタッフを入れ替えることで変わる側も、受け入れる側も刺激を受けさらに向上心が生まれることもわかるし、お客様との精神的癒着を避けるためにもいいことだということは解る。

しかし、お客様はまずスタッフに付き、その後にお店に付くものだと考えている中で、学芸大学のお店はいい意味で、スタッフ=LoSPAZIOが確立されつつある。

今後の店舗に関しては検討していくかも知れないが、今の現状から考えて学大からのスタッフ移動は「なし!」だろう。

そうすると新規スタッフでの出店
いいこともあるが問題もたくさんあるから悩みが尽きません。
そうでなくとも、学大店舗もスタッフが足りないし・・・

それとともに、会社として現在、新しい商品群の輸入のために打ち合わせもしている。

会社として「コーヒー豆」以外にもバールやカフェで必要な食材がまだまだたくさんあると思うのでこういったものをどんどん新しくほかのお店に紹介していきたい。
これも簡単な仕事ではないため、社員の増員を検討しているが、まだこの辺は軌道に乗っているとは言いがたく、自分が動いていくのが得策なのか、それとも早く軌道に乗せるためにすぐに増員していくことがベストなのか・・・

答えがない分さらに悩みが増える

でも前向きな悩みがあるほうが幸せなことを知っているので、自分は今幸せなのだと思う。
[PR]

  by barista-nozaki | 2008-11-15 21:19

名古屋

昨日名古屋にて講習会を行ってきました。
専門学校で行ったのですが途中でハプニング発生
名古屋に行く前にと思いインフルエンザの予防接種を受けたのですが
講義中に高熱発生
途中本気で倒れるかと思いながらも何とか無事終了し満足いただけました。

本日は日曜のため開いていない店も多かったのですが何件かなじみの深い店を回り、
帰店。

帰店後は以前カフェをおしえた韓国の方が来店してくれて、片言ではあったが、日本語が上手でびっくりしました。

その後は以前の教え子が来店し仲間うちのバールで働き始めたため、近況報告をうけ

現在再度発熱中。

さすがに寝ます。

(書いてる途中でネットが切れ、同じことを2回書くのはさすがにきついです)
[PR]

  by barista-nozaki | 2008-11-10 03:01

秋催事終了

沖縄のリュウボウ百貨店を最後に秋のイタリアフェアが終了しました。
ご来店いただいた皆様本当にありがとうございました。
最後の沖縄は新しい試みを行ってまだ交通整理が必要なものの、新たなる可能性を見つけることができ、本当に充実感のある催事でした。
コーヒーの文化は十分に浸透しているものの、ことイタリアンバール、バリスタに関してはまだまだ情報が少なく、だからこそ可能性を感じる地域です。
そして何より、暑い!!
中途半端に寒いのが苦手な分過ごしやすかった。
[PR]

  by barista-nozaki | 2008-11-07 15:37

旅立ち

今日でスタッフの一人、安田が退社しました。
新たなる自分の可能性を高める為だと信じています。2年4ヶ月に渡り支えてくれたスタッフの一人です。
勿論意見の衝突もあり、それを重ねながら研鑽して行けたことを感謝すると共に、今までそれとこれからも支えてくれているスタッフの方々を大切にして行きたいと感じました。今から更にぶつかりあい今以上にお客様から愛される空間をみんなで作って行きたい。
「やっさん」ありがとな!
そしてそれを送り出してくれたみんな、本当にありがとう!
まだまだ頼りなく、発展途上だけど、これからも宜しく御願いします。
[PR]

  by barista-nozaki | 2008-11-06 05:36

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE